広島 尾道「朱華園」さんで尾道ラーメンを食べました。

尾道地区は戦火を免れたため、西の小京都と呼ばれるほど多くのお寺が今も数多くあります。山際を見ると古いお寺がそびえ立っている光景が見に入ってきます。古寺めぐりや桜の名所の千光寺公園や尾道市立美術館など数多くの観光スポットがあります。
尾道といえば坂のまち・寺のまち・映画のまちです。寺社廻りをして路地や坂道を散策して、疲れたらオシャレで雰囲気の良いカフェで休憩されてみるのもいいです。また懐かしい昔観た映画のロケ地を巡るのも楽しいかと思います。しかしやっぱりお腹がすいたら是非尾道ラーメンを食べて頂きたいです。
そんな中、今回は尾道ラーメン「朱華園」さんに行ってきました。朱華園と書いて「しゅうかえん」と読みます。
尾道ラーメン(おのみちラーメン)は、尾道市を中心とした広島県備後地方のご当地ラーメンです。豚の背脂を浮かせた醤油ベースのスープと平打ち麺が特徴です。
お店に向かう途中に10件ぐらいの尾道ラーメンがありました。さすが尾道ラーメンは有名なだけあり店舗数も多く感じました。しかし行列を作っているのは「朱華園」さんのみでした。
平日のお昼時の12時30分に到着しました。
徒歩20分ぐらい距離がありますが観光気分で現地までレトロな町並みや山・海などを見ながら散策し尾道商店街を抜けると時間をたつのも忘れ苦痛なくすぐに到着した感覚でした。

並びの様子

今回の並びは約7名の方が行列を作って並ばれていました。
お店をあらかじめ知っていて並ばれている方や並んでる方の姿を見ておいしそうだから並んで尾道ラーメンを食べよう言う観光にこられているお客さんもいました。私が並んだ後も立て続けにさらに行列の列が長くなっていきました。
9月に入りましたが気温はまだまだ30度以上あります。店前にはスポットクーラーが用意されており並んでいる最中は暑さが軽減されとても助かります。
スポットクーラー
入口には掲示板があり秋の茶会やロマンチックジャムなど地域情報のイベントなどを掲示されていました。お店だけでなく地域社会の活性化にも貢献されているのだと感じました。
店内に入るまでの待ち時間は約10分ぐらいかかりました。

店内の様子

店内の様子
入ってすぐに目に入ってくるのは直木賞作家 檀一雄氏、女優 檀ふみのお父さんが書いた紀行の一節が掲示されていました。絶賛とはこのことだ。というように昭和22年創業でありこのお店の歴史も実感することができます。
檀一雄
入った瞬間の印象はお店の中が広いと感じました。調べてみると席数は全部で34席 (カウンター18席、テーブル16席)とかなりの大型です。
しかし、びっしりとお客様が入っています。
店員さんも確認できただけでも6名以上はおられ女性の店員さんが多かったです。奥の調理場まではみれませんでしたが、調理場も広そうでもしかしたらさらに多くの店員さんがいるかもしれません。
店内に入ってもどんどん行列が作られていきますがその分出て行くお客様もおられ、とにかく回転がすごく早いです。
お客層は老若男女様々な年齢層の観光客が多くグループで来られている方が割と多かったです。
お客さんが観光マップを広げて次の観光名所に行く予定があるのか店員さんに現在の場所を確認のため聞いておられました。店員さんも忙しい中、嫌な顔ひとつせずにやさしく案内されておりとても好感を持てました。
今回私は中華そばと餃子8個入りを注文しました。注文後、中華そばと餃子の食券を各1枚ずつ貰い席で待ちました。

各メニューは下記の通りになります。麺類も中華そばと叉焼麺のみですので種類を増やさず伝統の味をしっかり集中して調理され提供されていると感じました。

※麺類の大盛りは扱っていません

中華そば 600円
叉焼麺 800円
サイドメニュー
焼そば 800円
ワンタン 600円
焼餃子(4個) 230円
焼餃子(8個) 460円
お土産
お土産餃子(二人前箱入り) 940円

アルコールドリンク
ビール(中)420円
酒260円

叉焼麺や焼きそばやワンタンも興味がありますがせっかく尾道に来たのだから尾道ラーメンを食べたいと思い中華そばと餃子にしました。
周りのお客さんを見渡すと同様に中華そば単品か中華そばと餃子にされている方がほとんどでした。

中華そば

中華そば
背脂がこってりとのっていますがしつこい味ではなく食欲がさらに増してきました。普段あまり大盛りなど頼みませんがあまりのおいしさに大盛りもあればさらに食べてみたいと感じました。
背脂
チャーシューは一枚ですがラーメンの真ん中にドカーンとのっておりかなりの大きさでした。歯ごたえもよく硬さも柔らかかったのでとても食べやすかったです。
チャーシュー
麺は平打ち麺は、やや細目です。歯ごたえもよくツルツルと食べやすかったです。
麺
スープは魚介ダシに鶏ガラと醤油ベースでとても高温でお皿がとても熱くなっており味はとても濃厚で絶品でした。
ネギ・メンマは細かくきざまれていおりラーメンと一緒に食べやすかったです。
メンマ
値段も600円ととても良心的な価格で近くにあれば通いたいお店です。地元の方や近くに行かれる機会が多い方など羨ましく感じましした。量も適度ですしラーメンの味を堪能して見事完食しました。
完食

餃子

餃子
餃子
4個入りと8個入りがありますが8個入りを頼みました。ラーメンより5・6分ぐらい早く持ってこられました。これだけの人数の調理をされているので料理を出すタイミングのバランスも難しくなると思いますがラーメンと一緒に食べたかったので少し冷めて残念でした。ただラーメンより餃子を先に1つ2つ食べたのですが肉汁がしっかりと出ており餃子のソースとうまくあい美味しかったです。
お土産餃子(二人前箱入り940円)もあります。

駐車場
お店の前に駐車場の案内がありました。
地図を見ると歩いてすぐのとこです。混雑状況などにより使えるか分かりませんのでご利用されたい方はお店に問い合わせて見て下さい。

まとめ

やはり噂通りの美味しさでした。尾道の観光にいかれるのであれば共に尾道ラーメンを「朱華園」さんで是非食べてみて下さい。土日祝日もやっているので遠方の方も来やすいかと思います。ただ、19時に閉店をされ売り切れ次第終了とのことですのである程度の時間に余裕を持って行かれる事をおすすめします。
食べ終わりお店に出た時も店外に約7名の方が列を作り待たれていました。さすがにテレビや雑誌でも数多く取り上げられることだけのことはあるなと感じました。 「朱華園」さんに来るまで尾道ラーメンを10店舗ぐらいみましたがこれだけ並んでいるお店はなかったです。このことからも尾道ラーメンのナンバー1のお店だと確信を持つことが出来ました。
大型連休になると観光地ということもあり50名ぐらいならぶこともあるそうなのである程度計画を持って出かけると苦痛なく美味しいラーメンが食べれそうです。

基本情報


電話番号 0848-37-2077
席数:34席 (カウンター18席、テーブル16席)
営業時間:11:00〜19:00(売り切れ次第終了)
定休日:木曜日 第3水曜(祝日の場合営業)
交通:JR山陽本線  尾道駅下車 徒歩20分
おのみちバス 長江口下車 徒歩3分
尾道駅から店までの距離約1.2km
住所:広島県尾道市十四日元町4-12

こちらの記事も人気です。

関連記事

  1. 山口県下松市の「中華そば 紅蘭」さんにて牛骨ラーメンを食べました。

  2. らぁ麺 紫陽花

    75分待ち。即完売終了閉店。愛知県名古屋市「らぁ麺 紫陽花」さんにて醤油ラーメンを食べました。

  3. ラーメンにっこう

    滋賀県彦根市「ラーメンにっこう」さんにて鶏白湯塩ラーメンを食べてきました。

  4. 47分待ち。三重県四日市市「らーめん 鉢ノ葦葉」さんにて塩ちゃーしゅーわんたん麺を堪能してきました。

  5. 神奈川県秦野市「北海道らーめん小林屋、東海大学店」

  6. 麺屋 極鶏

    京都の激戦区ラーメン街道「麺屋 極鶏」さんでこってり鷄だくラーメンを食べてきました。