博多ラーメンの歴史・特徴から絶対に食べたい豚骨ラーメン店17選

博多ラーメン

福岡博多のグルメといえば豚骨ラーメンですよね!日本のラーメンの聖地であり日本一のラーメン激戦区で、多くのラーメン屋がしのぎを削っています。ラーメン屋が多いといっても、色んな種類のラーメンが食べられるわけではありません。
博多のラーメン屋は、ラーメンのメニューが豚骨ラーメンのみのお店が多く、塩ラーメンや醤油ラーメンなどを食べたいと思ってもそれらを出しているお店の数が少ないので探すのに少々苦労するほどです。
「だったらどの店のラーメンを食べても変わらないんじゃないの?」と思う方もいると思いますがそれは大きな間違いです。
博多の豚骨ラーメンはお店によって全く味が違い、同じ豚骨ラーメンでもここまで変わるのか!と驚くくらいです。
どこのラーメンを食べるか非常に悩ましいですが、当記事で博多ラーメンの歴史や特徴や博多に行ったら絶対に食べたい豚骨ラーメンをピックアップし紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

博多ラーメンの歴史

魚市場
博多ラーメンは九州一円で愛されているとんこつラーメンの一種です。そして商人の町である博多で独自の進化を遂げたのが博多ラーメンです。
博多ラーメンの歴史は戦後間もない頃まで遡ります。当時の満州から引き揚げて来た人達が、中国の現地の人から教わって作っていたラーメンを、日本でも再現しようとして作られたのが九州一円で広まったとんこつラーメンのルーツと言われています。当初は久留米で作られたとんこつラーメンはやがては博多でも作られるようになり、それが博多ラーメンとして独自の発展を遂げて行ったのです。
とにかく博多の人は商売で昔も今も忙しい。特に福岡市中央区長浜には福岡の台所、福岡市鮮魚市場があります。ここで働く人は朝早くから夜遅くまで時間、時間で動いており、その気性は短気な人が多いことでも有名です。そんな気性の人たちが仕事前に食べる食事はサッと出てきて、サッと食べられることが理想的なのです。

麺
そんな地域特性から博多ラーメンの麺はどんどん細いものになって行きました。博多ラーメンの麺は、全国のラーメンの中で比べても本当に細い物です。その茹で時間はまさに数秒であったりするもの。
そのおかげで博多ラーメンは注文が入るのとほぼ同時に出来上がって、すぐに食べたい博多の人のニーズを満たしているという訳です。

スープ

スープ
博多ラーメンは、そのスープはとんこつです。白濁としたスープは一見、こってりとしていそうですが、実は博多ラーメンはとんこつスープが主流の九州ラーメンの中でも比較的、あっさりとしたスープであることが多いのです。九州の中では熊本ラーメン、久留米ラーメンなども有名ですが、それらラーメンはどちらかと言えばこってりしたとんこつスープが主流です。
けれど博多ラーメンはとんこつながら割とあっさりとしているのが特徴なんです。博多ラーメンを初めて食べた人は思っていたよりもあっさりしたスープで、拍子抜けしたという人も多いかもしれません。しかしそのあっさりとしたスープのおかげで飽きることなく、それこそ毎日食べられるラーメンに仕上がっているのです。

替玉

博多ラーメンの替え玉
博多ラーメンと言えば、その特徴の一つに麺の替玉があります。博多ラーメンは朝から食べる人が多く、通常の一杯はその量は少なめです。だから、ガッツリとラーメンを食べたい人にとっては、一杯のラーメンでは量は足りないもの。かと言ってもう一杯おかわりをするのは量が多すぎます。そんな博多の人のニーズを満たすために替玉と言うシステムが生まれました。また博多ラーメンの特徴でもある極細の麵が替玉の文化を誕生させたとも言われています。
極細の麵は食べている最中にどんどんと伸びてしまうもの。それであれば麵の量は少なめにして、後から足りない分は追加すればいいと言う発想から替玉は生まれたという説もあります。

麵の固さ

博多ラーメンはその麵の細さゆえ、デフォルトでも麵は固めで茹でられています。博多の人は、ラーメンと言えばより固めの麵を好む傾向にあります。
そんな博多っ子のニーズを満たすために、博多ラーメンのどのお店もオーダー時に麵の固さを細かく指定することが出来ます。通常より麵が固めの「カタ」、それよりももう一段固い「バリカタ」、さらにはほとんどサッとお湯に通しただけの「ナマ」などがあります。関東の九州ラーメンのお店では固い麵を「粉落とし」「ハリガネ」と呼ぶ事がありますが、博多ではこの名称は一般的ではありません。よく観光客の方が博多ラーメンのお店でハリガネ、粉落としと言って注文をしている所を見かけますが、博多の人にはなんの事か分からない事が多いようです。

トッピング

トッピング
最近ではラーメンも高級化していて、トッピングされる具は実に色々な物が入るようになって、そのレベルも高いものになっています。
関東で展開されている博多ラーメンのお店もそんな時流に乗って、具は本当に手の込んだ物をたくさん載せているようですね。チャーシューはもちろん、メンマ、ノリ、そしてキクラゲなど実に沢山の具が乗っています。
しかし「本場の博多で提供されている博多ラーメンのトッピングはごくごくシンプルなものだと言う事をご存知ですか?」実際には博多ラーメンの具は二枚ほどのチャーシューと、ネギのみと言ったものがほとんどです。言い方を変えると実に潔いトッピングの構成です。ですから、本場の博多ラーメンを知っている人が関東で博多ラーメンを食べた際、具沢山のラーメンが出てくると、これは本場のものとは違うと感じてしまうようです。
博多ラーメンは飲んだ後のシメとしても食べられる事が多いので、既にお腹はある程度満たされているもの。ですので博多の人はそこにあまり多くの具は求めていないのです。
もし関東で本場の博多ラーメンだと謳っているお店があったら、そのトッピングを見てみて下さい。トッピングがチャーシューとネギだけでしたら、ここの店主は博多出身かもと思って良いかも知れませんね。

博多一双 博多駅東本店

博多一双 博多駅東本店

豚骨カプチーノの魅力あふれる兄弟ラーメン

博多でとても有名で人気No.1といっても良いほどの豚骨ラーメンと言えば、博多一双です。
2012年オープンと比較的新しい店舗ではありますが、豚骨ラーメンと言えば一双だと言う福岡県民も少なくありません。
一双の魅力はなんといっても、とんこつカプチーノと呼ばれる泡立ったスープです。非常に濃厚でコクがあるスープは、豚骨好きにはたまらない一品です。店外で並んでいても濃厚な豚骨の香りが漂ってきて、ただでさえ空腹なのにその香りが空腹感をかなり増長させます。王道ではあるが、かなり強烈な豚骨ラーメンという印象です。
客層は、学生やサラリーマンや外国人などこってり系ガッツリ系を好む人が多く、それがこのお店のラーメンがどんなラーメンかを表してると思います。
替え玉率も非常に多く、サイドメニューのまかない丼もとても美味しくておすすめです。
ラーメンと一緒にまかない丼を食べながら、最後に替え玉で締めればとても満足できるのではないでしょうか。
博多駅から5分のところにあります。ラーメン屋を開くことを決意した山田兄弟二人が高校卒業後、厳しい修行を経てオープンした念願の豚骨ラーメンは行列ができるほどの人気。固めに茹でた特注の細平打ち麺が豚骨カプチーノ(表面に油が浮いて泡が浮いている)と呼ばれる濃厚な豚骨スープがよく絡み、後味はそれでも軽いテイストという外国人観光客にも満足してもらえるような味わいですね。中州と祇園に支店があります。人気店なので売り切れの場合もあります。

山田兄弟は豚骨ラーメンを知り尽くしています
極上の豚骨カプチーノは最高の材料から作ります
特注の細平打ち麺は固ゆでで博多っ子に人気です

電話番号
092-472-7739
営業時間
11:00~24:00
ホームページ
博多一双HP
住所
福岡県福岡市博多区博多駅東3-1-6

博多一幸舎

博多一幸舎
こちらも地元では超有名店、博多一幸舎。先ほど紹介した博多一双の大将が修行をしていたお店です。修行していただけあって、一双と味の系統は同じではありますが、一幸舎の方が比較的まろやかで食べやすいラーメンになっています。
豚骨の臭みがある程度抑えられていて、キツめの豚骨は苦手だけどあっさりすぎるのも嫌だという人には非常にオススメできる豚骨ラーメンだと思います。本場博多の豚骨ラーメンを初めて食べるという人にもオススメです。豚骨ラーメン初心者が本物を実感できて、尚且つしっかり食べきれて満足できるラーメンだと思います。
特性スパイスの入っている赤ラーメンや、焦がしニンニクの苦味が抑えられた黒マー油が入っている黒ラーメンなど、通常の豚骨ラーメンだけでなく複数の種類の豚骨ラーメンを食べられるので、何回行っても飽きないお店ではないでしょうか。
店名博多一幸舎
営業時間[月~土]11:00~24:00※日曜は21時まで
定休日無休
TEL092-432-1190
ホームページ博多一幸舎HP
住所福岡県福岡市博多区博多駅前3-23-12 光和ビル1F

博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店

博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店

ギトギト感の無い、程よいコクが人気

ShinShinのラーメンはとてもあっさりとした豚骨ラーメンです。食べてみるとわかるのですが、豚骨の臭みがゼロと言っていいほどありません。
定番の博多sinsinラーメンは、程よくコクがあり味はしっかりしていつつも、豚骨特有臭みやギトギト感がありません。豚骨のあの独特の臭いが苦手だという人にも食べやすい味になっていると思います。
スープだけでなく麺も非常に細い麺を使用しておりするっと食べることができるラーメンです。それなのに美味しいんですよ。豚骨ラーメンは濃厚でドロっとしているものだという固定観念を持っている人は、ここのラーメンを食べるとその固定観念を壊されるでしょう。その証拠に、客層は女性の1人客や老夫婦や子供連れなど、あっさり系を好む人たちが比較的多いです。
麺も極細のストレート麺でスルスルと入っていきます。人気の一つの理由に、お値段の安さもあると思います。
ラーメン以外にも、ちゃんぽんや皿うどん、焼きラーメン、焼きそば、油そばなど他のメインメニューも豊富です。スープと麺がセットになった、お土産ラーメンも店頭で販売されているので、気に入ったら購入してみてはいかがでしょうか。博多駅構内で、年中無休で営業しており旅行者でも移動途中に利用しやすい場所にある店舗です。

博多駅構内という便利な場所にあり、旅行者でも利用しやすい。
コクはありつつも、あっさりとした食べやすいスープ
極細のストレート麺でスルスルと喉に入っていく

電話番号
092-473-5057
営業時間
11:00~24:00
ホームページ
シンシンHP
住所
福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多デイトス2F「博多めん街道」

博多元気一杯!!

博多元気一杯!!
お店の前の外観はラーメン屋さんの、のれんや看板は一切出ておりません。水色のバケツが出ていたら営業中の合図という一風変わったラーメン屋さんです。
変わっているのは店構えだけでなく、今はもう無くなっていますが昔はこのお店独自のルールが存在し、そのルールを破ったら注意され最悪退店させられるという厳しいルールがありました。
いくつか例をあげると

  • 店内撮影禁止
  • 携帯の使用禁止
  • 子連れ禁止
  • スープ以外を先に口につけたら即退店
  • メニューを聞くと即退店(メニューがラーメンのみだった)
  • 店内でキョロキョロしたら即退店

などのルールがあり、ネットでクチコミが広がり全国でも有数のラーメン屋として有名になったのです。
現在は上記のようなルールはほとんど存在しておらず、一般的なマナーを守れば問題はありません。
そんなお店がなぜ今まで潰れずにやっていけたのかというと、決して物珍しさだけでなく確かな味があったからです。
こちらのお店はスープに非常に強いこだわりがあります。スープ以外を先に口にしたら即退店やメニューがラーメンのみだったのは、それだけスープにこだわりと自信があった故に、お客さんにも真剣にラーメンと向き合って欲しいという思いがあったからでしょう。
現在は通常のラーメン以外のメニューも増えましたが、それでもこだわりのスープの味は健在でとても美味しいラーメンを食べることができるので、ぜひスープから味わってみてください。
店名博多元気一杯!!
営業時間[月~金]11:00~22:00(土日・祝日は20時まで)
定休日不定休
住所福岡県福岡市博多区下呉服町4-31 1F

ラーメン二男坊 博多本店

ラーメン二男坊 博多本店

福岡ラーメン総選挙で1位を獲得したラーメン

福岡ラーメン総選挙で1位を獲得するなど実績があり、常に行列ができている店としても有名です。スープはしっかり濃厚ですがスッキリした味わいで、豚骨を長時間煮立ててトロトロで簡単に飲み干せます。
麺は博多ラーメンに合う細いストレート麺で、小麦の風味を感じれるように歯切れ良く仕上がっています。スープは豚骨の臭みを抑えて濃度が高く、まろやかなためリピーターが多いです。
チャーシューは豚の上質なロース部位を使用し、肉の旨味がしっかり感じられてタレとのバランスが絶妙に仕上がっています。トッピングはやはり煮玉子が定番で、半熟でとろりとして人気が高いです。

臭みのないまろやかなスープで人気が高い
麺は小麦の風味を感じチャーシューは本格的
トッピングは煮玉子が定番でリピーターが多い

電話番号
092-473-5558
営業時間
11時~23時30分
定休日
不定休
ホームページ
ラーメン二男坊HP
住所
福岡県福岡市博多区博多駅前2-16-4 駅前中央ビル 1F

長浜ナンバーワン 祇園店

長浜ナンバーワン 祇園店

屋台に端を発する行列ができる人気店

長浜ラーメンといえば屋台に端を発することで有名ですが、昭和46年に昇龍軒を経てオープンした福岡を代表する人気ブランドです。
卓上調味料は定番の紅しょうがやごま以外にもにんにくなどが置かれ、チャーシューや高菜、ワンタン、煮玉子などをトッピングできます。麺は細めのストレート麺を使い、スープと絡みやすくワンタンを入れるとおいしくなります。
昔ながらの長浜ラーメンを味わえ、夜になれば行列ができるなど人気が高いです。スープはとろみがあって濃厚ですが臭みがないため、地元民にもファンが多くて多くのリピーターがいます。

屋台に端を発するラーメンとして人気が高い
麺は細めのストレート麺でスープと絡みやすい
スープはとろみがあって濃厚で臭みがない

電話番号
092-263-0423
営業時間
11時30分~0時(金土26時、日曜22時)
定休日
年中無休
住所
福岡県福岡市博多区祇園町4-64 ニューウィングビル祇園1F

博多麺屋台 た組

博多麺屋台 た組

定番すぎるラーメンが味わえるお店

まさに定番ド真ん中で誰もが楽しめるとんこつラーメンが味わえ、シンプルであるからこそ人気があります。店舗は深いブラウンで落ち着ける雰囲気で、卓上には辛子高菜があるため味を変えて味わえます。
メニューはもやしやシナチク、煮玉子などをトッピングでき、餃子やチャーハン、おにぎりなどもありランチタイムはセットでお得です。
スープはとんこつのパンチが押し寄せる明快な味わいで、軽やかでまろやかな鶏のまろみが追いかけます。やはり麺は細めですが好みに合わせて硬さを指定でき、具材はチャーシューと青ネギ、キクラゲだけとシンプルですが行列ができるほど癖になる味わいです。

スープはシンプルながらも本格的な味わい
麺は細めですが好みに合わせて硬さを選べる
卓上には辛子高菜もあるため味を変えて楽しめる

電話番号
092-474-0077
営業時間
11時30分~24時
定休日
日曜日
住所
福岡県福岡市博多区博多駅前3-26-10

元祖博多だるま 博多デイトス店

元祖博多だるま 博多デイトス店

昭和38年より使い続ける羽釜の呼び戻しスープが特徴の店

昭和38年より使い続ける羽釜で豚の後ろ足のみを長時間炊き上げ、呼び戻しという製法で旨味を引き出しています。スープの味わいは濃厚で麺は厳選した小麦を使用し、先代の河原登氏の製麺法を受け継ぎ太さにもバリエーションがあることが特徴です。
どとんこつと表現されるこってりなスープが人気で、麺は細麺で食感を味わえます。長年続く名店のため行列ができるほど人気が高く、背脂が浮いているスープは昔ながらの味わいになることが特徴です。ラーメンはこってりしてリピーターが多く、まさしく豚骨ラーメンの原点ともいえる味を堪能できます。

昭和38年に創業し呼び戻しスープが人気
博多ラーメンの元祖の味を堪能できる
麺は厳選した小麦を使い先代の製麺法を受け継いでいる

電話番号
092-475-8233
営業時間
10時~23時
定休日
無休
ホームページ
元祖博多だるまHP
住所
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多デイトス2F 

めんくいや 博多駅東店

めんくいや 博多駅東店

トロチャーシューとあっさり系のラーメンが人気の店

ラーメンは背脂が浮いたあっさり系の豚骨スープで、麺は細麺のストレートを使うなどこだわっています。香ばしいチャーシューがおいしくサービスランチは餃子とご飯がついてお得です。
卓上には辛子高菜や紅生姜、コショウなどもあり、ラーメンの具材はチャーシューとキクラゲ、ネギとシンプルですが高菜を入れるとおいしくなります。
トロトロチャーシューメンは濃い目の味付けで香ばしく、豚骨スープは臭みがなくキレとコクがあり激辛高菜を入れると良いものです。替え玉はガッツリ食べたい時に注文でき、好みに合わせて茹で加減を調節できリピーターが多いです。

スープは臭みがなくあっさりしている
トロチャーシューは香ばしくておいしい
サービスランチは餃子とご飯がついてお得

電話番号
092-474-7160
営業時間
11時~23時30分(日曜日16時)
定休日
年末年始
ホームページ
めんくいやHP
住所
福岡県福岡市博多区博多駅東2-9-5 池松ビル1F

博多 一成一代

博多 一成一代

店主が試行錯誤して作ったスープが人気の店

スープの表面に浮かぶ泡は豚骨を煮込む時に出るもので、見た目よりスッキリした味わいです。麺はコシがある極細麺で泡立つスープと絡みあい、加水率を高めてモチモチとした食感が味わえます。
ラーメンはとんこつ一本で勝負するなど自信があり、夜は居酒屋になり焼鳥などと味わえて人気です。ラーメンのスープはまさにとんこつ100%で、濃厚で極細の平打ち麺と相性が良くしっとりとしたチャーシューがおいしく仕上げています。
学生は学割がありお得に味わえることやセットメニューが安く、ランチタイムや夕方過ぎになると行列ができるほど人気です。

とんこつ100%のスープが味わえる
麺は加水率を高めてモチモチ感がある
店主が試行錯誤して考えた泡立つスープが人気

電話番号
092-292-7555
営業時間
11時~24時(金曜は25時)
定休日
不定休
ホームページ
博多 一成一代HP
住所
福岡県福岡市博多区東比恵2-17-23 ローズマンション第一博多 一号館

げんこつ

げんこつ

まろやかなスープと豊富な具材が特徴のお店

ラーメンのスープはクリーミーでまろやかさがあり、麺はストレートの細麺でまさしく博多ラーメンの定番の味です。げんこつラーメンはゆで卵、チャーシュー、メンマ、キクラゲ、のり、刻みネギが入り、見た目が豪華になります。
福岡市の郊外にあるものの駐車場は常に満車になることが多く、麺を増量できることや卓上には辛子高菜があるため人気が高いです。
辛子高菜は自家製のものでライスと一緒に味わうとおいしくなり、ラーメンの麺はスープとの相性が良いためリピーターが増えています。無化調のとんこつラーメンとして人気があり、上位にランキングされていることが特徴です。

まさに博多ラーメンの定番の味を楽しめる
福岡市の郊外にあるものの行列ができる
無化調のとんこつラーメンでリピーターが多い

電話番号
092-874-1396
営業時間
11時~22時30分
定休日
月曜日
住所
福岡県福岡市早良区田隈1-10-7

安全食堂

安全食堂

平屋建ての民家が特徴のラーメン店

西区の九大学研都市駅から徒歩8分の国道沿いにあり、平屋建ての民家でテーブル席と大きなカウンター席があります。
ラーメンウォーカーでも受賞するなど輝かしい歴史があり、老舗のような面影があるため注目され行列ができることが多いです。営業時間は昼間のみになりますがラーメンのほかちゃんぽんや焼そばなどもあります。
ラーメンはまさに博多の老舗という雰囲気があり、シンプルにして存在感がありとんこつの香りが食欲をそそるものです。麺は適度な細さのストレート麺で、ハリのある仕上がりのためスープと絡み合って潔い旨さで人気があります。

平屋建ての民家のため老舗の雰囲気がある
ラーメンウォーカーでも受賞するなど輝かしい歴史がある
ラーメンはシンプルにして存在感がある

電話番号
092-806-2511
営業時間
11:00~16:00(売切れ次第終了)
定休日
水曜日
住所
福岡県福岡市西区横浜35-1

一蘭 本社総本店

一蘭

最もおいしくすることにこだわる専門店

博多ラーメンの中でも特殊なサービスが特徴で、個室タイプになり味に集中しやすくなるように配慮されています。

豚骨ラーメンのスープはコクがあるのに臭みがなく、秘伝のタレは唐辛子をはじめとした30種類の材料を調合しています。味集中カウンターは一蘭だけの独特なシステムで、シートに好みの味を書いて出すと理想のラーメンになることが魅力です。
店は立派な建物で目立ちやすく、店内にある屋台になれば24時間営業のためいつでも本格的な味を堪能できます。価格は他の店より高めですが本格的な味を求めたいファンにうってつけで、常に行列ができているほど人気が高いです。

味集中カウンターという独特なシステムがある
利用者の要望に応えてラーメンを提供する
本格的なラーメンを味わうにうってつけ

電話番号
092-262-0433
営業時間
9時~29時
定休日
年中無休
ホームページ
一蘭HP
住所
福岡県福岡市博多区中洲5-3-2

博多三氣 水城店

博多三氣 水城店

10円替え玉が特徴の本格志向の名店

ラーメンの麺は福岡産ラー麦を使うなど素材にこだわり、替え玉は10円でできるなど個性的なサービスが特徴です。太宰府市水城にある本店は隣が工場で、福岡産のネギを使うなど素材にこだわっています。
スープは九州産の豚の骨を使い、丁寧に下処理をするためあっさりして本格志向の味です。ラーメン以外はセットメニューなどもあり、餃子やチャーハンなどのご飯ものがお得に味わえます。
ラーメンの名前もやる氣やげん氣などまさしく氣力があるもので他にもちゃんぽんや味噌ラーメンがあり、本店は国道沿いにあるため行列ができることが多いです。

素材にこだわったラーメンがお得に味わえる
替え玉は10円で何度でもできる
ラーメンの名前もユニークで人気が高い

電話番号
092-928-3308
営業時間
11時~23時30分
定休日
不定休
ホームページ
博多三氣HP
住所
福岡県太宰府市水城1-16-2

麺屋はし本

麺屋はし本

油を使わないヘルシーなラーメンが人気の店

博多一幸舎で修行を積んだ店主が2016年にオープンしたお店で、豚足のコラーゲンが溶け出し自然なとろみがあり油を使わないため女性に人気です。チャーシューは脂身が少ないもも肉を使い、卓上にはごまや白生姜以外に自家製辛子高菜があり好みに合わせて味を調整できます。
店内は女性が一人で入れるような雰囲気があり、ゆったりとくつろぎやすいです。ラーメン以外のメニューはご飯しかないですが、麺は細麺でスープと絡みやすく本格的な味に仕上がっています。気軽に立ち寄りやすく、メニューが少なくても充実しているため行列ができることが多いです。

油を使わないスープのためヘルシー
卓上には辛子高菜があり好みに合わせて味を調節できる
一幸舎で修行した店主のため本格的

電話番号
092-822-7855
営業時間
11時~23時
定休日
不定休
ホームページ
麺屋はし本フェイスブック
住所
福岡県福岡市早良区室見5-1-24

麺屋 一矢

あまり他では見かけない黒ラーメン!

一番人気の黒ラーメンなる物が食べられるとホテルの人に教えてもらい、ラーメン好きな主人と一緒に麺屋一矢さんへ。麺も自家製麺と聞き、しかも福岡特有のとんこつスープ。そのお店の鶏飯や別メニューにも美味しい物が沢山でした。その日は数人並んでいただけでしたが、マー油って何かなと思いながら食べてみると、ゴマ油やニンニクの味が利いたスープでした。思ったよりとんこつがきつくなく、麺とよくからんで美味しかったです。北海道育ちの私たちにとって北海道とは違った味を堪能できてよかったです。また福岡にいくことがあれば行ってみたいと思います。

麺が自家製麺でのどごしすっきり。
ちょうどいい具合にとんこつ味。チャーシューも美味しかったです
後を引く変わった美味しさはマー油が効いているから。

電話番号
0922915066
営業時間
午後8時から午前3時
ホームページ
https://14issi.com/
住所
福岡県福岡市博多市中州2-6-12 第5ラインビル 1階

らぁめんシフク

福岡で食べる本格的な塩ラーメン

とんこつ文化の博多において食べられる本格的な塩ラーメンのお店です。濁りのない、クリアなスープからは想像を超える濃い味わいと旨味を感じます。そのスープにからむ麺は自家製で、スープと麺がうまく絡むように計算されたちぢれ麺です。チャーシューもしっとりとした柔らかい鶏肉で、鶏の旨味もスープに溶け込みかなりマッチしています。食べた後に残るラーメン独特の油っこい感じが全くないので、女性にかなりオススメです。その他のメニューも豊富で、しっかりとした濃い味の鶏白湯ラーメンやつけ麺もあるので、男性の方でも満足のいくラインナップになっています。しかもランチメニューはご飯のおかわり自由です。

丼の底が見えそうな気がするクリアなスープからの旨味
メニューによって少しずつ計算された自家製麺
柔らかくしっとりとした鶏チャーシュー

電話番号
092-474-0090
営業時間
月・火・木・金・土:昼 11:00~16:00(15:30 OS)夜 18:00~22:00(21:30 OS)水(第2・4):昼のみ営業
ホームページ
https://www.shifuku429.com
住所
福岡市博多区榎田2-3-1 村下ビル1F

まとめ

このように博多には実に沢山の博多ラーメン老舗のお店があります。
しかしそんな老舗の博多ラーメン店でも最近の悩みは跡継ぎ問題のようです。中には跡継ぎがいないため、惜しまれつつも閉店してしまうお店が最近では増えています。
そんな博多ラーメンの文化を消してはならないと地元の有名な、あるラーメン屋さんが立ち上がり、跡継ぎがいないラーメン屋さんの看板を引き継いで、名店の味を守り続けているという動きがあります。これは日本全国を見渡しても他の地域ではあまり見られない事。言ってみたら博多ラーメンは博多では一つの文化として確立され、それをラーメンを愛する人達が全力で守り続けようとしていると言う事なのです。
そう言う博多の地元の人たちの博多ラーメンに対する愛情を知ると、一層博多ラーメンを食べたくはなりませんか?博多には実に美味しい博多ラーメンのお店がたくさんあります。是非、一度は博多の本場で美味しい博多ラーメンを食べてみてください。どの豚骨ラーメンも味は確かで、あとは各個人の好みの話になってきます。博多には他にもラーメン屋がたくさんありますが、博多以外の福岡にもラーメンの名店が数多くありますので、ぜひ食べ比べてみてください。
福岡の行列の出来る絶品ラーメン。一度は食べるべきラーメン特集

関連記事

  1. 横浜中華街

    横浜でラーメンを食べるなら「横浜中華街」か「新横浜ラーメン博物館」

  2. 荻窪駅前

    荻窪ラーメン(東京都)の歴史とオススメ店・行列ができるお店18選

  3. ラーメン通販

    どこからでも全国の人気ラーメンが食べれる。ラーメン通販人気口コミランキング18選

  4. 神戸中華街 (南京町)

    神戸中華街(南京町)のおすすめ食べ歩き・ラーメン店5選

  5. 長崎中華街

    長崎新地中華街でラーメンやちゃんぽん、皿うどんを食べ歩き

  6. 二郎インスパイア系ラーメン

    全国で話題の二郎インスパイア系ラーメン店18選とその魅力